FlyFishing Team Japan
本文へジャンプ

フライフィッシング チームジャパンの活動歴史

      そして

ワールド フライフィッシング チャンピオンシップ

            と自然保全シンポジムの歴史


 


 

20th England

20回目のFIPS Mouche World Fly Fishing Championship and Conservation Symposium (WFFCCS)は、20005月に、リバーテストとブランクトンレザボア、そしてチューレザボアで、華やかに英国で開催された。 World Fly Fishing of Japan WFFJ)が、初めて正式な日本代表を送り込んだ。

自然保全シンポジウムでは、子供達の自然保全教育を含め、さまざまな角度からのトラウトの保全について発表された。

22th France
 22回目のWFFCCSは、200273日から11日まで、スイスに接したフランスの有名な避暑地、コルマーの近くにあるボージュ山脈の渓流と湖で開催された。 チームジャパンの活動とその大会の模様は、当時のチームメンバーの選手であった金児さんによって 2002WFFCCS France Information に記録されている。
  自然保全シンポジウムでは、現在の淡水汚染が世界的現象であることから、その水質測定の世界基準化が呼びかけられた。


23th Spain
 23回目のWFFCCSは、2003610日から17日まで、スペインのピレネー山脈の中央ハカの近くの渓流で開催された。ワイルド ブラウンを渓流でキャッチアンドリリース( C&R )する、すばらしい大会であった。 チームジャパンは、地元のフライタイヤー・パコ ソリオと、ベルギーのタイヤー・べノア ギャラードの両者の協力を得て、大会前から遠征した。

  自然保全シンポジウムでは、第一次世界大戦中にダムが作られた渓流を、どのようにして昔のように自然に流れる川に戻したか。そして1990年代初期から放流を止めた後、C&R区間を増やしたり、一週間に一日は釣りを完全に止める事を奨励したり、村付近の川での釣りを一切禁止したりして、トラウトを保全してきたことが、報告された。

 
24th Slovakia
 24回目のWFFCCSは、スロバキアのタトレイー山脈での渓流中心の大会であった。 チームジャパンは、2004828日からスロバキア入りしてトレーニングをし、大会は、831日から96日まで開催された。 放流された魚を釣る大会で、釣り自体あまり面白くない大会であった。その模様は日本のNHKにてハイビジョンでテレビ放映された。

   自然保全シンポジウムでは、日本の「いとう」に類似している巨大なフーチョ フーチョ( Hucho Hucho) という、別名ダニューブサーモンとも呼ばれているSalmoniformesの保全について紹介された。 世界でもその保全は注目をあびている。

 
25th Sweden
 2005年は、スウェーデンのラップランドフィッシングフェスティバルに参加した後、チームジャパンは、 811日から18日に開催された25回目の WFFCCS に出場した。渓流4回戦とボートから釣る湖1回戦の大会で、ブラウントラウトとグレイリングを C&Rする大会だった。その大会の写真は、http://misako.myphotoalbum.com  で見られる。自然保全シンポジウムでは、伐採された材木を運ぶ為に、大きな岩を崩し、うねりが失われた川を、以前の姿に戻す活動が紹介された。

26th Portugal
 2006年は、ポルトガルで9月に開催された。ポルトガルでは、ワイルドブラウントラウトを渓流でC&Rし、レザボアーでは、放流されたブラウンとレインボーを C&Rして競技を行なった。WFFCCSの開催式は、フィッシング世界大会の一部としてリスボン 910日に、華やかにも催された。隣国のスペインからタイヤーのチョロさんの協力を得た。自然保全シンポジウムでは、現在どのように川や湖のトラウトを保全していこうとしているかが発表された。

27th
Finland
 2007年は、フィンランドのケミ付近で6月に開催された。フィンランドの川では、グレイリングの釣りが主で、ブラントラウトは40cm以上のみがカウントされた。 湖では、ボートからレインボーをC&R した。自然保全シンポジウムでは、バルテイック海のサーモンについて報告があった。


28thNew Zealand
 2008年は、ニュージーランドのロトルアケミ付近で3月に開催された。川での釣り3回戦と湖での釣り2回戦であった。自然保全シンポジウムでは、牧畜産業からの汚染の発表が注目された。人間の数より牛の数がはるかに多く、国でまかなえる以上の乳製品を生産し、そのため、湖等の水質が変化し、問題となっていることが発表された。


29thScotland

2009年は、外種対策と其の実情のレポートで、同じ島国である日本にとっては、とても有意義なシンポジウムでした。それに加え、巨大ワイルドブラウンの習性についてのレポートもありました。

30th Poland

2010年は、ヨーロッパのフライフィッシングの歴史についての講演の後、シートラウトが産卵を助勢するために、川底に小石を入れたりして、どのように手入れをすれば良いか、また実際にそのような事をポーランドの河川で実行して、産卵が活性化された報告がありました。


31th Italy

2011年は, イタリアのボルザノ付近で開催されます。日本国内が多大な災害にみまわれた為、チームジャパンは、その復興に全力を挙げて協力する為、世界大会参加を中止しました。 


32th  Slovenia

2012年は、スロベニアで開催されました。マーブルトラウトの放流魚が対象魚でした。たくさん放流して、釣りのレジャー産業を促進する計画です。底の色が岩の関係上明るい色で、水がコバルトブルーのような色に見え、綺麗で澄んでいました。


33thNorway

2013年は、ノルウェーで開催されました。シートラウトの人口産卵ベッドを3カ国(スエーデンとフィンランドを加えて)で共同して作っているプロジェクトの紹介がされました。大掛かりで、まず川の底を抉ってから、だんだん石と岩を積み重ねて、少々の洪水があっても残っていくようにして造っているいうプロジェクトのプレゼンテーションがありました。またスエーデンの養殖サーモンで発生したらしい寄生虫が、ノルウェーの海と川にもひろがり、サーモンを含め、トラウトその他の魚をすべて故意に殺して、冷凍して保存されていたノルウエーサーモンの卵を孵化させて育て上げてから、再度新しく放流するというとてつもなく大きなプロジェクトのプレゼンテーションがありました。


34th  Czech republican

2014年は、チェック・リパブリカンでした。チェック・チームは、最強チームとして、なんなくゴールドを獲得しました。日本チームを訓練してくれたのは、国内大会で5位となった女性アングラー、テレザでした。なんとその年の国内大会で1位になったデイビッドがボーイフレンド。チェックの最新の釣りを教えていただきました。シンポジウムでは、カモの被害について、どれだけ魚を食べられてしまったか報告してくれました。なんとカモを美味しく食べるレサピーまで考えて、カモ狩りを奨励してはなど、いろいろなアイデアーが出されていましたが、カモは増え続け被害も大きいようです。


35th  Bosnia
















Br/>













































 

Copyright © 2002-2011  Fly Fishing Team Japan, All Rights Reserved.

 

 

 

 

 





 























































 

                                                    <注意書き>  

Fly Fishing Team Japanは登録商標です。